喫煙はホワイトニングに悪い影響があるの?

煙草を吸う人でもホワイトニングをすることは決して珍しいことではありません。
特に喫煙者の若い男性の中には、ホワイトニングで歯を綺麗にしたいと考える人が多いようです。
喫煙者であったもホワイトニングは出来ますが、後戻りが早くなったり、着色が起きやすくなります。
これらのことを考えたうえで、メンテナンス方法やホワイトニングをするタイミング考える必要があります。
前述したように喫煙する人は、喫煙しない方より後戻りのタイミングが早くなります。
ホワイトニングの後は禁煙が必要になったり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することによって効果の持続をさせる工夫が必要になります。
また、煙草のヤニが歯の表面に付着により、ホワイトニング薬剤の浸透しにくくなり期待した効果が得られないというデメリットがあります。
煙草を吸う方は、ホワイトニングの前に歯医者でクリーニングをしてもらうのを推奨します。

ホワイトニングの歯磨き粉のランキングならこちらです