訃報の知らせを受けた時のマナー

仲が良かった友人や知人の危篤の連絡を受けた時は驚きと悲しみで暮れてしまうでしょう。
危篤という連絡をいただくということは、ご家族が最期に会ってあげて欲しいという願いが込められています。
そういった気持ちで連絡をくれているわけですから、すぐにでも駆けつけたいところでしょう。
近親者や親しい友人の訃報を受けた場合、故人やそのご家族との関係を考えて対応しましょう。
いつ、どこで亡くなったのか?どこに伺えば会えるのかを確認して、地味な平服ですぐに弔問に駆けつけます。
玄関でお悔やみの言葉を述べてから、改めて通夜に伺うことを伝えましょう。
もしお手伝い出来ることがあったらと申し出てみるのも良いでしょう。
故人と対面して欲しいと言われたら許しを得て謹んで受けます。
尚、白い布を勝手に上げることはタブーです。
対面の時は故人の枕元に近づき、両手をついて一礼します。
遺族が白布を外したら、両手を膝の上において対面します。
故人に深く一礼し、合掌して冥福を祈り、少し下がって遺族に一礼します。

家族葬が安い葬儀社を探しているのならこちらのサイトが参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です